四季・旅・愛〜芹洋子ファンサイト

トピックス

こちらには芹洋子さんに関する周辺の事柄を中心に、このホームページの管理人や関係者の皆さんたちの日常をレポートしています。


宇和島で行われたコンサートのパンフレット裏表紙です。多摩生協のよっこさん御提供。
コンサートで久石譲さん作曲の「ペコちゃんの歌」をとりあげ、不二屋の櫻井社長さん
からの祝辞も送られてきてました。クリックすると表紙が見られます。
レポート3のページにも記事があります。なお著作は「童謡を歌う会」にあります。



多摩生協のよっこさんからお写真を頂きました。
楽譜のうさ耳を持つお人形、「YOKO SERI」のプレートは芹さんから直々に
頂いたプレートだそうです。


■2010年お正月のトップ画像。多摩生協のよっこさんから頂いたお写真です。


多摩生協のよっこさんから頂いたお写真です。
奥多摩・みたけ山のレンゲショウマです。
ひっそりと夏山に咲く絶滅危惧種です。
みなさん、花は大切にしましょうネ。



■2009年、夏盛りの青空。(イメージ画像)


■2009年梅雨時の近所のひとこま。


■2009年、el34okaさんから投稿頂いたお正月の画像。芹洋子さん製作のブローチと野球ボールにいただいたサイン。



■2008年11月29日(土)
新宿カールモールのサタデーナイトライブにヒラノエクスプレスさんが出演されるというので、掲示板常連さんを誘っていってまいりました。
本当に久しぶりのカールモールでした。今回はなんとマスターのオグラータさんが、自身のユニット「トラトラウ」を率いて(?)戦後歌謡史シリーズを歌ってゆく・・・の第一弾を!
ヒラノエクスプレスさん、今回のテーマは「宮城県人の作品集」。また当日リクエストでは「春咲小紅」「夜明けの歌」などを熱唱されました。



世界最古の花 大賀ハスが開花しました。
千葉県天然記念物
昭和26年3月千葉市で大賀博士が発見されました。
人間のご先祖様よりはるかに永い時を息づいてきました。(写真)el34okaさん


■2007年3月10日(土)
『芹洋子 35thライヴ・コンサート〜歌おう友よもういちど』が銀座TACT(タクト)で開催され、行ってきました。
ゲスト:JOHNLOS 青山義久(アコーデオン) 演奏:田中修二(ピアノ) 鈴木真紀子(フルート) というパーソネル。
午後1時、少し遅れ気味に銀座TACT前にラリホーJさんと到着。宇和島山遊会の早川さんとokaさんが待っていてくれました。早川さんとご挨拶もそこそこに再起なった不二家さんでコーヒーを頂きいざ!コンサートに。
今回、残念ながらヒラノエクスプレスさんは欠席に。コンサートでは私的に歴史的ハイライトといえた「牧歌〜その夏」をとうとう実演で聴けたことが今回の最大のハイライト。これであと「トロイカの伝説」を聴けたら死んでもいいです〜!(^^;)
そして早川さんが「坊がつる讃歌」のとき、飛び入りの出演。さらには「坊がつる讃歌」を熱唱!すごいすごい、トークといい歌唱といい場慣れていましたよ!

ゲストのJOHNLOSはその疾走感溢れるラテンロックぽいリズムと、男っぽさが決まってました。
今回マキちゃんは夜の部のみの出演という事で、後ろ髪(少ないですけど)引かれる想いで帰ってきました。
終演後、再び不二家でお食事。

夜の部再入場の早川さんとokaさんとはここでお別れいたしました。
おや、不二家さんのテーブルの上にどこかの綺麗なお嬢さんのお写真が。だれ?お見合い写真など忘れていくのは?えっ、お見合いする人はいないって?ラリホーJさんがいるじゃないですか!違いますって・・・?ではこの綺麗な女性はだれですか????(^^;)答えは近いうちにel34okaさんがしてくれる・・・て、待ち遠しいな〜。


■2006年10月14日(土)
新宿カールモールにて「ウィークエンドライブ」がありました。掲示板常連のヒラノエクスプレスさんが鉄道の日を記念して鉄道にまつわる歌をご披露。またカールモールのマスター、オグラーダさんや、スタッフのtomokoさんと閉演後おしゃべりをしてきました。左からtomokoさん・el34okaさん・つばめ・ヒラノエクスプレスさん・オグラーダさん。


カールモールの歌姫tomokoさん。カッコイイ〜。時々TVドラマに顔を出してるそうです。要チェック、2時間ドラマ!!

おっ〜っと忘れるところでした、(^^;)鉄道の歌を熱唱する我らがヒラノエクスプレスさん。



■2006年4月15日(土)
新宿カールモールにて「ウィークエンドライブ」がありました。掲示板常連のヒラノエクスプレスさんが「春」をテーマに出演。先日急逝された宮川泰さんの追悼を込めて「銀色の道」「宇宙戦艦ヤマト」も披露されました。



■2006年1月29日(日)
「四季・旅・愛〜芹洋子ファンサイト」の掲示板の常連さんメンバーが、芹洋子さんのご息女、AMIさんを迎えて「美女の薦める味の店」本の中の芹洋子さんご推薦、新宿「大志満」にて新年会を催しました。当日は初めての顔合わせとなるこけこっこさんの参加を始め、el34okaさんが鳥羽水族館にて大漁にゲットした人魚(シングルレコード「人魚の海」)のプレゼントに、つばめの用意した芹洋子さんのイラストにAMIさんがサインしてもらうという、激レアな逸品を全員にプレゼント。
後列左からヒラノエクスプレスさん・こけこっこさん・つばめ前列左からel34okaさん・AMIさんラリホーJさん。ご希望の方と、未確認の方のお顔はお絵かきソフトでくちゅくちゅしてます。


■このホームページの掲示板の常連さんのヒラノエクスプレスさんが新宿のライブハウス「カール・モール」にて2005年5月28日(土)、唱歌・日本の歌を熱唱。

今回は「男のロマン」と題して男の子の節句・ご当地新宿発祥の歌・氏の心の師 本居長世などのゆかりの曲を披露。今回は電子楽器・エレキギターを使い方たちが多く、氏の舞台はいい意味で異質な雰囲気が漂い、大きな音の後のホッとするひと時でした。



■このHPの掲示板で「こけこっこ」さんがお書きになった自信の詩「こまくさの詩」に同じく掲示板の常連「ヒラノエクスプレス」さんが曲を付けてくれました。そしてウエッブ上で、なんと芹洋子さんに捧げる曲ができたのです。この曲は12月11日(土)に新宿「カールモール」にて作曲者自らのピアノ&歌で発表されました。いつか、「こまくさの詩」が芹洋子さんの手によって(歌によって)音になる日が来ることを期待します。
この楽譜をクリックすると大きな楽譜が見られます。

「こまくさの詩」
こけこっこ作詞 平野エクスプレス作曲

燕(つばくろ)岳の雲間に
咲たる気高く清き花
その名も美(うるわ)しきコマクサという
汝は世を呪い疲れし我が心に
優しく強く語りかけるなり
いつも正しきを持ち勇気を持て進めと

風にも雨にも負けずに
優しく常に誇らしく
山上にピンクのコマクサが咲く
汝は恋に敗れ沈むわがこころに
やさしくそっとかたりかけるなり
思い出は宝物 今のあなたが好きと


■芹洋子さん、自らのステンドグラス作品発表。

2004年11月27日 銀座アートホールにて
「彩の会ステンドグラス作品展」より、芹洋子さんの作品「王凛」です。

ステンドグラス工房「彩の会」さまにつきましては
こちらをクリックしてください。