四季・旅・愛〜芹洋子ファンサイト  

レポート集2

芹洋子さんの近年のコンサート・イベントを追いかけて回ったレポート集です。
上になるほど新しいレポートになります。

■2007年11月24日(土)・25日(日)
愛媛県 愛南町にて「トレッキング・ザ・空海 あいなん」が開かれ、関連コンサートとして
芹洋子さんの「花へんろコンサート」と、つわな奥展望台にて青空コンサートが開かれました。
特設の足場の上にステージが設けられました。
以下、el34okaさんの報告です。

★山々と雲はともだち花こぶし
第10回トレッキング・ザ・空海♪に参加してきました♪
23日・・前夜祭♪宇和島の山小屋♪
24日・・木のメダルナンバー0381をゲット♪
     お遍路♪
     一番前でお歌を聴く♪
25日・・木のメダルナンバー0647をゲット♪
     お遍路♪
     山頂でお弁当食べて!!お歌を聴く♪


★晴れ女!!洋子音姫さま♪へ三ツ星★★★
★ともかく!!お天気がよくてよかったです♪




★★★宇和島ウーマンパワーのみなさんには、たいへんお世話に
なりました♪ 
お土産は、棒・2本です(笑!!)


★★★愛南町の関係者の皆様どうもありがとうございました。
貝もさかなも生きがよくておいしかったです♪
大きなクエ(おさかな)のおそばにはビックリです♪


★★お遍路道には、黄色のこぶしの花がいっぱい♪
  しあわせいっぱい♪歌いっぱい♪

★ここで一句!!
さわやかに 洋子音姫 追っかける♪

■2007年12月10日(土)
銀座タクトにて芹さんとJOHNLOSの皆さん。
「芹洋子&JOHNLOS クリスマスライブ」の一幕。
オッ、目線がきてます!


JOHNLOSの皆さんの生まれる前の愛唱歌「青春時代」をみんなで熱唱。
すっかりJOHNLOSの皆さんも「曲を覚えました!」ですって。


これは「昼の部」の模様です。曲目のサプライズとして「安曇野」を取り上げてくれました。さすがナマです。
しかし夜の部ではさらに「トロイカの伝説」を取り上げてくれたそうです。す、すごい!!
つばめは用事があり夜の部は入場できませんでした。ナマの「トロイカの伝説」との遭遇はまたまた
先に持ち越されました。(ToT)






■2007年9月14日(金)
『芹洋子コンサート』が横浜緑公会堂で開かれました。
緑童謡の会様の会合の特別企画として開催されました。極めつけのオープニング「花ぐるま」
で開始、たのしいMCで最初のご挨拶です。


    観客席は99%近くが女性。今回ラリホーJさんと観覧しましたが、「オー・シャンデリゼ」でよっこお姉さんが
「はい、男性の方だけ、おーしゃんでりぜー」と言われても、極めて小声で「おーしゃんでりぜー」
と蚊の鳴くような大きさで歌うのがやっと・・・。(^^;)

ピアノの田中修二さんです。様々な童謡のスコアが彼のハードディスク(頭)の中に入ってます。


相変わらずお若く綺麗なフルートの妖精、マキちゃんこと鈴木真紀子さん。
今回彼女を横から見る位置にいました。出番が来てスッとフルートを構える仕草にうっとりでした。


アンコールは会場の皆さんと「青い山脈」。



■2007年6月9日(土)
『芹洋子 35thライヴ・コンサート〜歌おう友よもういちど』再演が銀座TACT(タクト)で
開催され、行ってきました。ゲスト:JOHNLOS  演奏:田中修二(ピアノ)
 鈴木真紀子(フルート) というパーソネル。
35thコンサートだけあって「牧歌〜その夏」から聴ける至高のひととき。・・・といいながら
この日は小田急線・JR線がダイヤの乱れがあり途中からの入場に・・・。(泣)


後半は紅いジャケットにパンツルック。6月に中国へ再訪、「四季の歌」(スー・チー・グ)を
上海・北京などで披露するそうです。


相変わらず若くて綺麗な「フルートの妖精」マキちゃん(鈴木真紀子さん)。シューちゃんも
元気です。(と言いながら写真省略)(^^;)


■2007年3月10日(土)
『芹洋子 35thライヴ・コンサート〜歌おう友よもういちど』が銀座TACT(タクト)で開催され
、行ってきました。ゲスト:JOHNLOS 青山義久(アコーデオン) 演奏:田中修二(ピアノ) 
鈴木真紀子(フルート) というパーソネル。右は「坊がつる讃歌」の飛び入りで坊がつるの
素晴らしさを語る宇和島山遊会のリーダー、早川さん。




■2006年11月23日(木)勤労感謝の日
第12回彩の会ステンドグラス作品展にいってまいりました。芹洋子さんも活動していらっしゃる
会のみなさんの作品展です。銀座アートホールにて開催されました。「森田りえ子作品集」
と題された大作の前で。




今回は画家、森田りえ子さんの図案から
民族音楽ガムランの踊り子の女性が蓮の花と白い雲を背景に描かれた大作を出展されて
いました。女性は原画に二人いたうちの一人で、ステンドグラスの図案にするにあたり、
森田りえ子さんから蓮の花や背景の白い雲なども改めてデザイン案を追加してもらったそうです
。開催の間際まで手を入れておられたようです。お疲れ様でした。




■2006年11月11日(土)
目黒バーシモン・ホールにて「目黒童謡祭コンサート」が開催されました。区民の皆さんの手作り
のコンサートですが全国コンクール優勝の小学校のコーラスもあり、圧倒されました。いつもな
がらの楽しいMCが冴え渡ります。


インタビューもお手の物。


今回のバックは久方ぶりに田中修二さんと若くて綺麗な「フルートの妖精」鈴木真紀子さんが揃ってお勤め。

■2006年10月7日(土)
小田原ケーブルテレビ特別公開録画「第6回みんなで歌う小田原童謡祭」へ行ってきました。
その名のとおりみんなで歌う童謡が盛りだくさんでしたが、第2部・芹洋子さんオンステージで
は10曲も披露、時間も長く嬉しい誤算なコンサートでした。まずはつばめにとっても久しぶりな
小田原駅の「小便小僧」。新しい駅舎になって取り除かれたのかと思いきや、どっこい
生きてる・・・・の小便小僧君でした。


そして公演終了後に楽屋へ通じる通用口で芹洋子さん、亞美さんと。伊東さんにもご挨拶
しましたが忙しく走り回られていらっしゃいました。来月に迫ったステンドグラス展に向けて
目の回るような日々だそうです。お体を大事に頑張ってください。

この後、ラリホーJさん、el34okaさんとゆっくりお話をしてきました。



■2006年4月1日   伊藤誠さんの銀座タクトでのコンサートにゲスト出演された芹洋子さん。
今も残る過日の日本の音楽シーンを育んできた名門ライブハウス。土地柄か、お店のウインドウ
や町並みもオシャレ。もちろんヨッコお姉さんも。(取材と写真 el34okaさん)
 

伊藤誠さんは平成16年2月29日、文京区主催の「文の京唱歌・童謡祭」にて、その作品(作詞・
作曲)「五月の宵」が優秀賞に選出されました。またご自身でもCDを出されてる「歌手」でも
あられます。男の優しさを表現できる貴重な「歌手」です。今夏の芹洋子さんは「文の京唱歌
・童謡祭」にて「五月の宵」を披露した縁での友情出演です。


花束を贈呈されニッコリ。


『四季の歌』を披露。


『花ぐるま』を歌い上げます。リズムの乗って軽やかなステップ、並みの抒情歌手とは一味
違うマルチ・シンガーのよっこおねえさん。